ふせん、いろいろ

ハワイアンズ ショーが素晴らしい!②

投稿日:2017年8月30日 更新日:

先日宿泊した、スパリゾートハワイアンズ。

滞在中の楽しみは、プールで泳いで温泉に入って美味しい食事を食べて・・・というつもりでいましたが、同行者の目的はただ一つ、
「ショーが素晴らしいの!」。

確かにハワイアンズでは、フラガールたちのショーやファイヤーダンスが有名ですが、私はそれらに特に興味がなく、よく知らないままに宿泊しました。

しかし!まず昼のショーを見た時から、想像以上のクオリティの高さに驚かされました。
クオリティ・・・なんて私が言うのは大変失礼なことだと思いますが、正直全く期待などしていなかったのです。

さらには夜の部のファイヤーダンスの幻想的な雰囲気や、ハラハラするようなショーに釘付け!

私はフラガールの「レイピカケ水貴」さんの大ファンになって帰ってきました。

スポンサーリンク

スパリゾートハワイアンズのショーとは

ハワイアンズのショーに関して、サイトでは

「本物が放つ輝きと迫力。感動のエンターテイメントショー。」

と書かれています。
これ、実際にショーを見た後に聞くと、「まさにそれ!」とうなづけます。

ハワイアンズのショーはまさに本物。余興程度に踊っているのではありません。プロです。プロのショーなのです。

ファイヤーダンスにしてもフラガールたちにしても、一人一人がかなりの技術を持ったプロ集団で、だからこそ見た人すべてを魅了する力があります。

何度も書きますが、私はショーにはこれっぽっちも興味がありませんでした。同行者はファイヤーダンスの誰かに入れあげているようですが(笑)、私はそんな気持ちがないし。

でも「そこでやってるのだから見てみようか」という軽い気持ちで見た結果、それまでのハワイアンズのショーに対する概念を覆されました。

素晴らしい! ただただ素晴らしいの一言!

プロ意識が高い人たちのダンスはこんなにも人を魅了するのだ・・・と感じました。

スパリゾートハワイアンズのショーは2つあります。
一つは男性が躍るファイヤーダンス、そしてもう一つはフラガールたちが踊るダンスです。



ファイヤーナイフダンスチーム「シバオラ」

ファイヤーダンスの正式名称は「ファイヤーナイフダンスチーム・ Siva ola(シバオラ)」といいます。

2016年4月に結成された国内唯一のファイヤーナイフダンスチームで、7月3日(日)に待望の単独ダンスショーをスタートしました。

タイトルは「Amata “Siva Ola”」、Amata(アマタ) はサモア語で「 始まり」という意味で、ハダカの男たちが繰り広げる今までにない新たなジャンルのダンスショーです。

フラガール(スパリゾートハワイアンズダンシングチーム)

そしてフラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)のショーも圧巻です。

サイトには「圧倒的なスケールで魅せる」と書いてありますが、まさにそれ。圧倒的なのです。

これはフラガール一人一人のダンススキルがかなり高いからだと思います。そしてなにより、一人一人が心のこもったおもてなしをしてくれていると感じるのです。

中でも私が一番目を引いたダンサーは、昼の部でも夜の部でも「あ、この人すごく上手だな」と思ったほど。同じ人を二度気になってみたというのはよっぽどでしょう。

その後パンフレットなどでそのダンサーをチェックすると、レイピカケ 水貴さんというダンサーでした。

レイピカケ水貴さんにうっとり

レイピカケ水貴さんは、2016年の6月にソロダンサーとしてデビューしたそうです。

ソロダンサーになるともらえるハワイアンネームの「 レイピカケ」とは. ハワイ語で「可憐な花」「かぐわしい小さい白い花」という意味だそう。平成21 年4 月に常磐音楽舞踊学院に入学した、45 期生です。

まずはソロデビューした時の動画をご覧ください。

ひとつひとつの仕草がとても美しく、愛おしそうに観客席を見つめる表情がとっても素敵!女性の私でもうっとりしてしまうほどでした。

次から次へと衣装を変えて登場してくるので飽きることなく最後まで楽しめました。

スポンサーリンク

今度はいつ行く!?が合言葉に

正直、まさかここまでハワイアンズのショーに魅了されるとは思っていなかったからか、帰ってきてからも楽しかった思い出が忘れられず・・・

合言葉は「今度いつ行く!?」になったほど(笑)

同行者は年に2回は行っているそうなので、私も都合をつけて行こうと思います。それぐらいハマる!ハワイアンズのショーは本当に素晴らしいです(^-^)

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-ふせん、いろいろ
-,

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.