ふせん、いろいろ

ジムフレックスのボアベスト サイズ選びに難航!幅広い年代にOK

投稿日:

昨年からお店でチラチラと見かけて、ずっと気になっていたジムフレックスのボアベスト

 

今季もniko and...で見かけてやっぱり心が揺れました。グラグラと。

 

なぜ揺れるのか?といったら、ジムフレックスって若者のブランドよね・・・?ということ。

 

いい歳したおばちゃんが、もこもこベストを、それもジムフレックスのボアベストを着て罪にならないのか・・・?

 

しかも値段だって主婦が普段着に出す値段としてはかなりお高いもの(>_<)
欲しい・でも高い・欲しい・でも若者が着る服・・・というはざまで悩みに悩んだ末、えいやっ!とばかりに購入しました。

 

届いてから一ヶ月近く経ちますが、いやいやいや、これは若者だけに着せるのはもったいない!(笑)

 

オーバー50でも問題なし♪ ジムフレックスのボアベストを紹介してみます。

 

スポンサーリンク

 

ジッパータイプよりも断然くるみボタンが可愛い

今回私が目をつけていたのは、ボアベストのフード付きボアベスト。

 

年齢的に「もうフードがついたものはやめておこう」と思っていたのですが、あいにくジムフレックスにはフードなしベストがなく。

 

ただ比較的小ぶりなフードなのでまぁいいかなと。何よりそれを上回る可愛さがあるのでOK!ってことで。

 

そして私が一番こだわったのがクルミボタンであるということ!

 

ジムフレックスのボアベストには、ジッパータイプとクルミボタンタイプがあり、ジッパータイプの方が若干お安いのと、在庫的に豊富なような気がします。

 

でもクルミボタンであることは絶対に譲れない!最安値のショップでサイズが売り切れていても、多少割でも気に入ったものが欲しいですよね。

 

ということで、無事にお目当てのボアベストをゲット♪

困った!目移りして色が決められない・・・!

さて、ジムフレックスのボアベスト、それも絶対にクルミボタン!というところまでは簡単にたどり着きました。しかしここからが難関だった(^_^;)

 

何しろ、どれもボアベストにすると可愛い色で迷った迷った!

 

何も考えず、ただ好きな色っていう事で言えばベージュ。

 

またこのジムフレックスのボアベストのベージュが可愛いんだ(*´Д`)

 

だけど50代のベージュってとっても危険なことはよーくわかっています(T_T)
合わせやすそうな無難な色だし可愛いベージュなのだけど・・・今回は断念。

 

じゃぁ無難なところと言ったらこれまた好きな紺とか?

 

赤の刺繍が可愛い♪
でも私の場合、手持ちの服に紺色が多いので、下手すると上下で紺、全身暗~いファッションの出来上がり・・・って、ありえるからコワイ(;´∀`)

 

年齢を考えるとレフ版代わりになるホワイトがいいのだろうけど、ちょっとイタイ感じがしないでもない(>_<)

 

ということで、私が選んだ色は「HEATHER.GREY」というグレー。「ヘザーチャコール」という色もありますが、こちらは少々色が暗すぎて50代には重いかなと。

 

その点、ヘザーグレーはグレーといっても結構明るめな色なので、冬に重くなり過ぎずに着られるかなと。手持ちの服との相性も良さそう♪

 

色選びは無事解決。

 



サイズ選びに迷いに迷って12に

しかーし、最後に残っている難関・それはサイズ選び。

 

これまで何度もniko and...で見てきたけれど、試着をしてこなかったことが悔やまれます。

 

なぜ試着をしなかったのか?といえば、「恥ずかしかったから」につきます。
だってだって、ショップ店員さんたちはみな若くてカッコイイ・可愛い人たちばかりなんだもの・・・

 

そんな人たちに「これ、試着させてください」なんて言えない!

 

でも今回これほどそんな自分を悔いたことはありませんでした。値段もそこそこするベストの大事な大事なサイズ選びに失敗したら・・・と思うと二の足を踏みそうにすらなります。

 

もちろん返品・交換してもらえば済むことでしょうが、そんなことをしている間に希望のカラーやサイズがなくなるのは十分考えられること。

 

それにやっぱり送料がもったいない・・・

 

こういう時に参考になるのがやっぱりレビューですね。200件近くあったレビューを片っ端から読ませていただき、迷って迷って迷った結果、「12サイズ」を選択。

 

ちなみに私は身長156㎝・体重46キロの中肉中背。普段は迷わずMサイズを選ぶところ、ジムフレックスのボアベストでいえば「14サイズ」でしょうか。

 

でもレビューを読んでみると、どうやらジムフレックスの場合はサイズが大きいよう。
ピタッとフィットは勘弁だけど、大き過ぎるとマタギになる可能性も!?

 

ということで12サイズを選びましたが、これは大正解でした。

 

ジムフレックスのボアベスト・12のサイズ感は

さて、そんなこんなで届いたボアベストがこちらです。

 

あぁ、やっぱりクルミボタンにして大正解!可愛すぎます。

 

レビューに「ボタンが掛けにくい」とありましたが、私は全く感じませんでした。片手でもスイスイボタンが掛けられます。

 

クルミボタンを留めるループはこんな感じ。

 

多少伸び縮みするのがボタンの掛けやすさの理由でしょうか。

 

そして平らなところに置いてみると、後ろの方が若干長く作られています。腰回りを暖かく保てそう♪ ・・・って、そういう考えがもうおばさん!

 

先ほども書いたように、フード部分も比較的コンパクト。

 

着用してみるとこんな感じ。

 

どうでしょう? スッキリしたシルエットになっていません?
ボタンも一番下までかけられるし、身頃もきゅうくつさは全くありません。

 

やっぱり12サイズで大正解♪

 

そして一番気になるのが腕まわりですよね。二の腕の太さが災いしてパツパツ!なんて避けたいところ。

 

これは薄手のカットソーを着用したアームホール。

 

カットソーのサイズが大きいので詰まっている感じですが、中身(腕)はずっと内側の方。ゆるゆるです。

 

こちらは少し厚手のデニムシャツ。

 

先ほどの比べれば少し詰まった感はありますが、それは服だけで腕の方の圧迫感はありません。

 

そして手持ちの服の中で一番厚手のネルシャツ。

 

こちらもさほど圧迫感は感じません。

 

これでボアベストのコーディネートのお楽しみでもある重ね着もストレスなく出来ることがわかってホッ。

 

色選びにサイズ選びと、ネット通販で購入することで大分悩みましたが、無事に満足がいく買い物が出来ました。

 

かなり厚手のベストなので、正直まだ着ていると暑くてのぼせるほど(笑)
これから先、長い季節で楽しめそうです。

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-ふせん、いろいろ
-,

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.