生活

ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

 

ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

台所用のスポンジはどんなものをお使いですか?
私はこれまでずっと、スーパーで購入した3個セットや5個セットのものを使ってきました。

 

時々、ドラッグストア等で見かけた変わったものを使うこともありましたが、どれも値段と使い心地・耐久性が釣り合わず、結局また元のスポンジに戻る・・・ということを繰り返してきました。

 

しかし、「アズマ工業のロックナイロンスポンジ」に出合ってからは、

 

L a t t e
もうスポンジは一生ロックナイロンスポンジに決めた!

 

と思うほど惚れ込んで使い続けています。それはなぜなのか?
ロックナイロンスポンジの素晴らしさを暑苦しく語ります。

 

普通のスポンジとロックナイロンスポンジ、何が違う?

これまで私がずっと使ってきた台所用スポンジはこういうタイプのものでした。

 

スポンジがネットにくるまれている、よく見かけるスポンジです。ものによっては驚くほどコシがあってしっかりしているものもあれば、逆に「なんだこれ!?」と思わず言ってしまうほどふにゃふにゃのものもあり、当たり外れが多いのもこのタイプです。

 

これは値段も使い心地もいいなと愛用していたメーカーが、突然スーパーでの取り扱いがなくなることも多く、そうなるとまた1から探し直す・・・ということの繰り返しでした。

 

それに比べ、アズマ工業のロックナイロンスポンジは10年以上前から販売されているようで、どこでも買えるまでの流通にはいたっていませんが、生協や通販で必ず手に入るという安定供給されているのがまず嬉しいところ。

 

ネックは値段が一般的な台所用スポンジよりも高いことですが、そんなことも買わない理由にならないほど、メリットの方が上回っているのです。

 

私が感じているロックナイロンスポンジの良いところを挙げてみます。

ロックナイロンスポンジの良いところ4つ

ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

 

泡切れ・水切れが良い

見ていただいてもわかる通り、かなり目が粗いタイプのスポンジです。
これにより水切れが抜群に良く、泡切れもスッキリ!
ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

 

水切れが良いということは衛生的にも良いということ。常に清潔な状態で使えるところがとても気に入っています。

 

表面・裏面でスポンジのキメが違い2層になっており、「ゴシゴシ洗いとソフト洗いで使い分けができ便利」とありますが、その点に関しては私はあまり意識せず使っていますが問題ありません。

ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

とにかく長持ち!なのにいつまでも泡立ちがいい

 

通常、台所用スポンジってどれくらいの頻度で交換するのが普通なのでしょうか。

 

衛生的に考えれば、菌の繁殖等の理由で1週間程度で新しいものに交換するのも良いでしょうし、スポンジによってはヘタって泡立ちが悪くなってしまい、1週間もたないものもあるかもしれません。

 

ところがロックナイロンスポンジは、いつまで経ってもどんなに長く使っていてもヘタることがないのです。

 

泡立ちはいつまでも良い状態が続くため、交換時期がわからないのが困ります。

 

スポンジの泡立ちが良いことは、毎日の小さなストレスの解消にもなります。

 

洗剤が少量でも満足の泡立ち

ハズレのスポンジを買ってしまうと、コシがないだけでなくいくら洗剤を使っても泡立ちが悪いことがあります。かなりストレスです。

 

しかしロックナイロンスポンジは、ほんの少しでも泡立ちが抜群!だから洗い物が楽しくなる♪・・・とまでは言いませんが、確実に小さなストレスの解消になります。

 

最期までコシがある

そしてロックナイロンスポンジの素晴らしいところは、最後の最後までスポンジにコシがあるということです。

 

何度も書いてきましたが、スポンジによっては使い始めた時からコシがないものがあってガッカリさせられるものも多くあります。

 

でもロックナイロンスポンジは、いくら使ってもコシがなくならないのです。不思議。

ロックナイロンスポンジの唯一のデメリットは

ロックナイロンスポンジの良いところを挙げていくと、デメリットなどないようにも思えます。

 

しかしそんなロックナイロンスポンジにも唯一のデメリットが。それは

 

交換時がわからない

 

ということ。
とにかく、いつまで使っても泡立ちがいいし、いつまで使ってもコシがあるままだし、水切れが良いから衛生的にも良いし。

 

型崩れもしないから、うっかりすると

 

L a t t e
あれ?このスポンジ、いつから使ってたっけ??

 

ということになります。

 

ちなみにこちらが今まで使っているものと新しいものを並べたもの。
ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

 

比べてしまうと使っている方はさすがに見劣りしてしまいますが、使い勝手に関して言えばまだまだ現役!
ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

 

新しいスポンジがエッジが立っているのに比べ、使い込んだ方は丸みを帯びていますが、ほどよく手になじんでいるのでこちらの方が使いやすいとさえ感じるほどです。
ロックナイロンスポンジの唯一のデメリット

 

衛生面で気をつけている人にとっては信じられないでしょうが、私はあまり気にしない性格なので、今使っているものは1ヶ月・・・いや、2ヶ月・・・以下、自粛します(^_^;)

 

もちろん、定期的に熱湯消毒はしていますが、信じられないくらい長く使えてしまうので、交換時を失ってしまうのがデメリットかもしれません。

 

ロックナイロンスポンジが長持ちする理由に関しては、水切れが良くヌメリやカビの発生が抑えられ良質の状態を長く保てるからだそうです。

 

また、スポンジ形成の際に生じるスポンジ繊維間の膜を、特殊加工で除去しているので水が溜まる膜が少ないことが通水性・通気性に優れている理由だそう。

 

値段に関しては、確かに一般的なスポンジよりも高価ではありますが、これだけ長く快適に使えるということは、むしろコスパがいいと思っています。

 

ロックナイロンスポンジ 見つけた時はまとめ買いを

先ほども触れたとおり、ロックナイロンスポンジはとても良い商品ではありますが、なかなか店先で見かけないかもしれません。

 

私はパルシステムで見かけた時に買い置きしていますが、アマゾンや楽天でも取り扱いがあるようです。

 

買い置きしておいて自宅で使うのはもちろん、人にあげると後日必ず喜びの報告がもらえるので、せっせとストックしています。

 

購入するときは少し勇気がいるかもしれませんが、一度使えば離れられないこと間違いなし!ぜひ使ってみて欲しいです。

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。

-生活
-,

Copyright© くらしのふせん , 2019 All Rights Reserved.