ふせん、いろいろ

電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

投稿日:

電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた




 

 

電子レンジの底が割れるという事件(?)が起こって早2週間。

 

電子レンジがない生活をしながら、次に購入する電子レンジを検討するつもりでした。いえ、実際に検討もしたのですが、今のところ「早く買わなければ!」という強い気持ちが湧いてきません。

 

というのも、私はもともと電子レンジで調理をすることはなく、温める時に使うか、たまにパンやケーキを焼くだけだったから。

 

中でも温め機能を使っていたのは「日やご飯の温め」。これさえうまくクリアできればもしかしたら今の生活に電子レンジは必要ないかもしれません。

 

ということで、冷えたご飯を電子レンジなしで美味しく温める方法を考えてみました。

 

 




電子レンジ以外でご飯を温めるにあたって条件

今回私が電子レンジ以外でご飯を温めるにあたり、考えた条件があります。それはズボラな主婦らしい条件で、「1つでも道具を少なく」ということです。

 

電子レンジがまだ一般的ではなかった時代、昔の人はどうやってご飯を温めていたのでしょうか。

 

多分、炊きあがったご飯はおひつに入れ、そのまま食べていたのだと思います。昔は今ほどの異常気象ではなく、条件の良いおひつの中であれば安全にご飯を食べることが出来たのでしょう。

 

温かいご飯とは言えないでしょうが、少なくとも冷たいご飯ではないと思われます。

 

また、ご飯を蒸す場合「蒸し布」を使っていたかもしれません。

 

美味しく蒸し上がるのかもしれませんが、蒸し布にご飯がべったりついてしまうことを考えると、使うのに腰が引けます。

 

電子レンジ以外でご飯を温めるというのであれば、少しでも簡単に・少しでも楽に、でないと意味がないので、今回は蒸し布を使わずに温める方法を模索しようと思います。

鍋に直接冷ご飯と水を入れて温める方法

最初に試したのはこの方法。
参考電子レンジを使わず、冷ご飯を温める方法

 

何がいいって使う道具が少ないのがいいです。冷ご飯・鍋・水、以上!というのがいいですね。

 

やり方も簡単です。鍋底を覆う程度の水を入れ沸かし、そこにご飯を直接入れて温めるだけ。これは鍋で炊飯する際の、焚きあがる直前の状態と同じですね。

 

がしかし、私のやり方が悪かったのか、ご飯はべちょべちょ・しかもご飯がべっとりと鍋底にくっついてしまいました・・・洗うのが大変だった(>_<)

 

もう少しつきっきりで様子を見るなどすればいいのかもしれませんが、その時点で「簡単」というところから離れてしまいます。

 

ということでこの方法は却下。

スチームプレート(蒸し目皿)を使って温める方法

次に思い付いたのは、蒸し物などをする時に使っているスチームプレート(蒸し目皿)と、クッキングシートの合わせ技。
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

鍋を購入した時などに、こういうスチームプレートがついてきたことがあると思います。

 

 

これを使って冷やご飯を蒸してみます。まず、鍋の底に水を入れ、
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

その上にスチームプレートをセットします。
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

さらにその上にクッキングシートを敷いて
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

ご飯を乗せ、蓋をして蒸します。
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

これはとても良さそうな方法に思えましたが、意外にも沸騰したお湯が軽々とスチームプレートを超えてきて、あっというまに「鍋に直接冷ご飯と水を入れて温める方法」と同じ状態に。

 

クッキングシートにもう少し立ち上がりがあれば、沸騰したお湯が上がってきてもご飯に直接かからないで済むのに・・・

 

こちらもつきっきりで火加減を調節すれば防げそうですが、電子レンジのように手軽に温めるとまで至らずに却下となりました。

ステンレス万能蒸し器

ところで、鍋で蒸すで思い出すのがこれ。

 

鍋の大きさによって羽が開閉するため、これ一つ持っていればどんな鍋にも対応できる優れもののステンレス万能蒸し器。

 

ただうちの万能蒸し器は羽が一つ壊れてしまい開閉もできなくなってしまったことから少し前に処分してばかり(>_<)

 

電子レンジを買い替えるよりは安いから万能蒸し器を買ってもいいのですが、もう少し家にあるもので頭を使ってみたいなと。脳トレですね。

 

家にあるもので、万能蒸し器のような形で・・・・そうだ金ざるがある!

金ざるとクッキングシートを使って温める

家にある金ざるは大小2つ。そのうちの小さい金ざるが、手持ちの鍋にピッタリサイズ♪
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

金ざるに足があるから鍋に入れた水にご飯が直接着くこともないし、なんと言っても金ざるには高さがあるからご飯も横に広がらずに済みます。

 

早速セットして試してみます。

 

水を入れ
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

金ざるをセットし
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

クッキングシートを敷いてご飯を乗せる。
電子レンジがない時のご飯の温め方を考えてみた

 

蓋をして点火、しばらくすると湯気が出てきて中の冷ご飯が蒸されているのがわかります。これはいい感じ♪

 

最初なのでまず3分ほど火加減を変えずに強火の中火のまま試してみましたが、これが大成功!びっくりするほど簡単に温かいご飯が出来上がりました

 

もちろんクッキングシートだからご飯はくっつかずによそった分がきれいに剥がれます。これ、小さなことだけどストレスがありません。

 

鍋も金ざるも汚れないから水でサッと流すだけで片付けも終了。今のところこの方法がベストです。

蒸したご飯は美味しい!

以外にも簡単に冷やご飯を電子レンジなしで温める方法が見つかってしまいました。しかも簡単なだけではありません。温め直したご飯が抜群に美味しいのです!

 

これまで電子レンジで温めたご飯は、ただ温かいだけという印象で、炊き立てのご飯にかなうわけがないと思っていました。知らず知らずのうちに諦めていたのですね。

 

でも今回の方法でご飯を温め直したところ、炊き立てのご飯に匹敵するほど美味しく仕上がったのにはビックリでした。

 

テキトーにやってもご飯がビショビショになることもなく、ふっくら・ツヤツヤに温め直せます。ご飯が甘いというのがよーくわかります。

 

私はこの方法で冷やご飯を温めるようになってから、塩むすびが大好きになりました。これまで「ご飯はおかずの友」という感覚だったのが、見事にメインに昇格したのです。

 

この味を知ってしまうと、もうレンチンご飯には戻れなそうで怖い(^_^;)

今後は魚焼きグリルで温められないか検討中

以外にも簡単に見つかった冷やご飯の温め方法。面倒臭がりな私ですが、今のところ温めたご飯の味も道具の片付けもこれがベストです。

 

唯一、クッキングシートをちょくちょく使うことになる・・・という点だけがネックですが、ストレスなくご飯を取り出すためには必要なものと割り切っています。

 

今はこの方法がベストだと思っていますが、魚焼きグリルで温める方法も模索中です。何が簡単でいい方法があるのでは?と思っていますが、今のところ何も浮かばない(^_^;)

 

電子レンジの底が割れガッカリしていましたが、ご飯を美味しく温め直す方法に出会えたことでちょっとだけ気持ちが持ち直せました(笑)

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-ふせん、いろいろ
-,

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.