アンチエイジング

カーブスの魅力や料金を調べてみました

投稿日:

カーブス

スポーツクラブに入会した頃から比べると、ジムエリアを使うことがめっきり減ってきました。ホットスタジオプログラムには参加しているのですが。

 

健康的な体形を維持するには、「筋トレ」と「有酸素運動」は不可欠。ホットスタジオで行うヨガやストレッチなどはダイエット効果を求めるとがっかりします。

 

ホットスタジオはあくまでも癒しやリラックス効果を目的としていたはずなのですが、やはり私は楽な方へ楽な方へ逃げてしまうようです。

 

これではいけない!と筋トレをしようと思いつつも、どうしても新しいものに目が行ってしまいます。これも逃げの一つなのですが・・・

 

最近俄然興味がわいてきたもの、それは「カーブス」です。

 

スポンサーリンク

 

私が考えるスポーツクラブのデメリット

スポーツクラブは通い始めるととても楽しいものです。体を動かすのは気持ちがいいし、うまくいけばダイエット効果も十分期待できます。私もスポーツクラブに通い始めてから1年半で体重が5キロ落ちました。

 

体重や体脂肪が順調に落ちてきている時は、辛い筋トレも結果が励みになるし、「頑張ろう!」という気持ちになります。しかしダイエットには停滞期も存在します。

 

それをなんとか乗り切れば再び体重は落ちていくのでしょうが、心が折れたり面倒になったりと、なにかしら足を引っ張る要素が出てくるような気がします。

 

私が何と言ってもスポーツクラブに行くのが面倒になることと言えば、1日の中で結構な時間をとられてしまうこと。

 

車で10分程度の場所にあるスポーツクラブに通っているのですが、大きな商業施設の中にあるということもあり、駐車場が広く、車を停める場所によってはかなり歩きます。

 

晴れている時はいいけれど、雨の日などは面倒になることもしばしば。行った先に楽しいことが待っているならまだしも、辛い筋トレをしに行くのだからなおさらです。

 

準備をして車で出かけて歩いて施設に行き、1時間のホットヨガを受けたとしたら、シャワーを浴びて家に帰ってくるまで約3時間かかります。

 

1日のうちの3時間って・・・結構な束縛になります。楽しいうちはいいけれど、続けていくうちに必ず飽きてくる時期もあり、そんな時は本当に億劫になります。

 

温泉を備えたジムもあるようですが、確かにジムで汗を流した後に温泉に入れるのはいいけれど、毎日のようにジムに通っていると、「パッと行ってパッと帰ってきたいなぁ」と感じる時があるのです。

 

施設設備が良いのに越したことはないですが、「そこまで必要ないかも」「そこまで設備が良くなくてもいいからその分会費を安くしてもらいたい」とも思ったり。

 

本来、ジムのメリットである部分がデメリットに感じてしまうこともあります。

 

ところで私が急にカーブスのことを思い出したのには訳があります。

 

一つは、以前一緒にジムに通っていた方(年齢は70代)が、カーブスに乗り換えたこと。理由は「ヨガで膝の痛みが軽減するかと思ったらしなかったから」でした。

 

ヨガやストレッチで柔軟性をつければ膝の痛みに変化があるかも?と思ったのだそうですが、それよりもカーブスで筋力をつけることにしたのだとか。

 

それからこっそりと言っていたことが印象深かったです。
「正直、ここは人数が多くって落ち着かないのよ」

 

いつも人が多くてわさわさしているこのジムよりも、小規模・少人数で運営しているカーブスの方が心地よいと思ったのだそう。

 

それからもう一つは、たまたま読んでいた本の作者がカーブスに通っていたこと。

銀色夏生さんはこのあとスポーツクラブに入会することになるのですが、この本の時点ではせっせとカーブスに通っていました(ただ結果はついてこなかった様子です)。

 

これらのこともあり、カーブスに興味を持ったのです。

カーブスの魅力① シャワー室がない

カーブスと言えばオープンした頃にはいろいろ話題になりました。今はそれもすっかり落ち着き、カーブスの魅力を知った人が続けているのだと思います。

 

私が考えるカーブスの魅力の一つ、それはシャワールームがないこと

 

ぶっちゃけ・・・シャワーって面倒じゃありません??

 

いや、ジムやホットヨガで滝汗をかいたあと、シャワーでさっぱりと汗を流すのは気持ちがいいものです。そのあとどこかに出かけるのにも便利。

 

男性はいいと思うんです。パッと浴びて着替えて終わり。でも女性はそうはいきません。シャンプーだって時間がかかるし、そのあとブローしたり化粧を直さなきゃならないし。

 

私は昼間行っているからいいのですが、夜は混むのでシャワー&パウダールームも順番待ちなのだとか。私なんてそれを想像しただけでうんざりしてしまいます。

 

カーブスの場合、シャワーで汗を流さなければならないほどの運動量ではないからかもしれませんが、運動を終えてそのまま帰れるのは私的にはとても魅力的。

 

どうせ家に帰ればその日の夜にお風呂に入るのだから、シャワーなしでその分会費が安ければ全然OKな気がしてきます。

 

カーブスの魅力② 女性専用

カーブスの魅力の一つに「女性専用」ということがあります。

 

私が通うジムはもちろん男女一緒で、ホットスタジオも男性の使用が可能となっています。男性一人でホットスタジオプログラムに参加する人は多くはないですが、何人かはいます。

 

そのほとんどは彼女と一緒に参加するというパターンですが、中には男性一人で参加することもあります。そういう時、なぜかみんな最前列の先生の真ん前でレッスンを受けます。

 

これが・・・正直邪魔(^_^;)

 

体が大きいということは座高も高いということで、先生の前に陣取られると先生が全く見えなくなります。

 

鏡があってもそう上手に映し出してくれるわけではないので、場所によっては先生の動きが見えずに困ってしまうことも。

 

ヨガのポーズには前後左右に男性がいるとちょっと恥ずかしいなと思うようなものもあり、相手は全く気にしてはいないでしょうが、やはり気になります。

 

これはジムに通う方たちとも話していることなのですが、うちのジムは男性のホットスタジオプログラム参加率が低いので、いっそのこと女性専用にして欲しいなと思うことがあります。

 

その点カーブスは女性専用。これはとても気が楽です。私の中でかなり大きなウェイトを占めるほどのカーブスの魅力だと思っています。

スポンサーリンク

カーブスの魅力③ 予約の必要がない

私が通うホットスタジオには予約は要りませんが、入室する10分前までにはチケットを取らなければなりません。

 

これは慣れてしまえば特に問題はないのですが、ただでさえ荷物が多い状態(ヨガマット・ヨガタオル・水・ロッカーキー・フェイスタオル等)なため、とったチケットがなくなってしまうことがあります。

 

私もこれまで2度くらいあり、ちゃんとポケットにしまったのにいざ出そうと思ったらない!というキツネにつままれるようなことがありました。

 

スタッフに話して再発行してもらえばいいのですが、対応の悪いスタッフにあたると・・・最悪(>_<)

 

私は2度とも評判の悪いスタッフにあたってしまい、「今度から注意してくださいね!」と強い口調で言われてシュンとしてしまいました。

 

10分前までにというルールも地味に窮屈。いつも通りに家を出れば十分すぎるほど間に合うのに、不意の渋滞に巻き込まれたりするととても焦ります。

 

そういうことから考えると、予約の必要がないというのはカーブスの魅力になります。

カーブスのデメリットって?

私にとってはスポーツクラブに通うよりもカーブスの方が魅力があるように感じてきますが、ではカーブスのデメリットはあるのでしょうか。

 

効果があらわれにくい?

これも私が考えるにすぎませんが、一つは「効果があらわれにくいのでは?」ということ。先ほども書いた銀色夏生さんは、ほぼ毎日三ヶ月カーブスに通ったものの、最終的には体重が減るどころか増えてしまったことで退会を決意します。

 

もちろん、効果があらわれなかった原因としてはカーブスだけに問題があったわけではなく、体質や食事など、さまざまな問題があったのでしょう。

 

体重が増えたというのも、筋肉量が増えたからなのかもしれません。そのあたりは詳しく書かれていないのでわかりませんが・・・

 

カーブスの特徴として、誰でも気軽に始められるサーキットトレーニングということなので、負荷が弱い分、効果があらわれるまでには時間がかかったり個人差があるのかもしれません。

 



意外に会費が高い

シャワー室もなくシンプルなマシンでのエクササイズということで、イメージ的に料金も安価なような気がするカーブス。ですがちょっとイメージと違いました。

 

カーブスは月会費制で、支払い額はコースによっても違いますが月に何回通ってもOKな「5,700円(8%税込:6,156円)」コース、もしくは6,700円(8%税込:7,236円)があるとのこと。これはどういうことかというと、

 

●定期コース 6,700円/月 (税込み 7,236円)・・・一般的な標準プラン
●12ヶ月お得コース 5,700円/月 (税込み 6,156円)・・・1年間通う前提で入ることのできるプラン(1年以内の解約の場合、通った月数分の通常料金との差額が必要になる)
●19歳コース 2000円/月 (税込み 2160円)
(19歳以下の方で家族がカーブス会員の方に適用になるプラン)

★入会金 15000円 (税込み 16200円)

 

1年継続するということで入会すれば税込み6,156円ですが、通えなかった場合差額が発生します。何が何でも続ける!という強い意志があればこちらの方が断然お徳です。

 

入会金に関しては、キャンペーンなどもあるようなのでもし入会するのであればそのタイミングに合わせるとお徳ですね。

 

料金に関しては人それぞれでしょうが、私は思っていたよりも高いと感じました。私が通っているスポーツクラブは、ジム&ホットスタジオ使い放題で月額8,000円。

 

立地条件で料金は変わってくるのでしょうが、施設設備を考えるとカーブスはちょっと高めかもしれません。

まとめ

とはいえ、料金の感じ方は人それぞれ。安い・高いはその人の生活環境によって大きく変わります。また、料金ではなく通いやすさが一番という考え方もあります。

 

もし家の近くや会社帰りなど、通うのに便利な場所にあるならば、予約の手間がなく行ってさっと帰ってこられるカーブスがいいかもしれませんね。

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-アンチエイジング
-,

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.