ホットヨガ

森林浴の中でヨガ ロクシタンのバランシング ピュリファイングウォーター

投稿日:2017年9月24日 更新日:

先日のヨガの時間のこと。

苦しいながらも気持ちよくその日のレッスンを終えた時、最後の「シャバアーサナ(屍のポーズ)」のリラックス効果はかなりのものがあります。

すべてから解放され、「もう辛いことはなにもないんだ」と思うと、心の底からリラックスできて、私にはヨガのレッスンの最後のお楽しみの時間でもあります。

心地よくマットに体を預け、体をここに置き心だけを浮遊させていると、フッと良い香りが鼻をくすぐりました。

なんだろう、この香り・・・これまでもリラックスできていたけれど、この香りでさらにもう一段階深いリラックスの境地に達せたような・・・

仲良くさせていただいている先生だったので帰り際に香りのことを聞いてみると、ロクシタンのピュリファイングウォーターとのことでした。
▶ ロクシタン ピュリファイングウォーターの詳細はこちら

 

自分に合うヨガを見極める

ヨガを始めて1年3ヶ月がが過ぎましたが、なんでも飽きっぽい私がここまで続いている理由について、最近になってよくわかることがありました。

それは、ヨガだから続いているのではなく、良い先生のヨガに出会えたから続いているのだということです。

私が通うホットヨガのスタジオプログラムでは、さまざまなヨガが行われています。入会したばかりの頃は興味本位でいろいろなヨガプログラムに参加していました。

しかし始めてから半年ほど経った頃に、やっていて心地よいヨガとそうではないヨガがあることに気づいたのです。

それはヨガの内容であったり、講師の教え方であったり、気持ちよくヨガを行えない理由はいろいろありました。

もちろん、私が心地よくないなと思っているプログラムでも、その時間をめがけてやってくる生徒さんたちはたくさんいるので、これは単に好みや相性の問題だと思います。

そんな中で私が「こういう先生のヨガが好きだなぁ」と思うのは、一つ一つのポーズがゆったりしているけれど、実はじっくり体に効いていてしっかり汗がかけるヨガ。

以前、スタイリッシュなヨガクラスを受けていたことがあります。そのヨガを担当している先生はとにかくスタイルが良くて美人。ウェアも最先端な感じで音楽もカッコイイ♪

だから人気のあるクラスで、毎回教室は生徒さんであふれていました。

でもそのクラスのヨガが終わると、なんだかスッキリしないというか、逆にストレスを感じているということに気づいたのです。

というのもそのクラスは、早い音楽に合わせてポーズがパッパパッパと移っていくヨガで、最初は流れがわかってないからストレスが残るのだと思っていたけれど、何度もやっているうちにそうではないことがよくわかってきたのです。

そう、私が本当に気持ちがいいと思えるヨガは、ゆっくりとした動きで一つ一つのポーズを丁寧に行うヨガ。

このことで自分に合うヨガ・合わないヨガがあるのだということがわかり、以来、やみくもにヨガに参加するのではなく、自分に合ったヨガのクラスのみに参加するようになりました。



講師の先生との相性も大事

と同時に、それを教えてくれるインストラクターの先生との相性も大切だと考えています。

横柄な先生はそうはいないと思うし、実際私が通うジムでもみんなとても良い先生ばかり。だけど、教え方という点では様々です。

いろいろなクラスに参加してみると、とても教え方がうまいなぁと思う先生もいれば、「これ、初めてヨガをする人にとってはちょっと説明不足だなぁ」と思う先生もいます。

インストラクターとはいえベテランから若手の先生までたくさんいるので、その辺は経験を積んでいけば改善されるのでしょうが、その教え方も自分に合う合わないが出てくるでしょう。

私は今、大好きなインストラクターが2人いて、その先生のヨガレッスンを受けると心も体も満たされていくのを感じます。

ヨガの場合、むしろ精神的な安心感を得られる方が大事だということもあるかもしれません。2人ともそれを十二分に満たしてくれる先生です。

そのうちの1人の先生が、シャバアーサナの時によりリラックスできるようにとロクシタンのバランシング ピュリファイングウォーターをスプレーしてくれたのです。

しかも、午前中のクラスと午後のクラスでは香りを使い分けてくれているそうで、そういう小さな気遣いも私が先生を大好きな理由の一つ。

こういう気配りのできる女性になりたいものです。

癒し効果抜群!バランシング ピュリファイングウォーター


バランシング ピュリファイングウォーター

レッスンが終わり、「ロクシタンのバランシング ピュリファイングウォーター」という商品名を教えてもらい、家に帰って香りの成分を確認してみました。

というのも、普段私が好んで使っているアロマオイルとは、またちょっと違っている香りだったから。どんなアロマオイルを使っているのか知りたかったのです。

公式サイトに載っていた香り成分は以下の通り。

ジュニパー:心を清らかにする。
ユーカリ:よどんだ気持ちを前向きに。
サイプレス:爽快な香りで心を落ちつける。
タイム:集中力を高める。レモン:気持ちをリフレッシュさせる。

なるほど、ジュニパーか!ユーカリは普段トイレのエコ掃除に使っているし、タイムやレモンの香りも知っていますが、ジュニパーは馴染みのない香りでした。

サイプレスというのはその名前すら聞いたことがないアロマオイルです。ジュニパーは名前は知っていましたが、実際に嗅いだことがない香りでした。

「バランシング」は全体的にすっきりとした植物の香りといったところでしょうか。部屋の中に居ながらにして森林浴をしているような、そんな気持ちになれる香りです。

また、近くでシュッとスプレーした香りと、シャバアーサナで感じた香りが違っていたのも印象的でした。近くではよりフレッシュな感じですが、部屋にスプレーするとマイルドなイメージです。

先生いわく、寝るときに枕にシュッとしたり、リラックスしてテレビを見たい時などはクッションにもスプレーすると気持ちがいいとのこと。確かに心が落ち着いて深い眠りに導いてくれそうです。

匂いの持続力はあまりありませんが、私はむしろサッと香ってスーッと消えていくくらいの匂いの強さが好き。来客前などにさりげない香りが最高のおもてなしにもなりそう。
車の中でスプレーしてもリラックスして運転できそうですね。

 

こういう先生が教えてくれるヨガだから、飽きっぽい私でも続けていられるのです。
良い香りと良い先生に出会えて幸せ。

▶ ロクシタン ピュリファイングウォーターの詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-ホットヨガ
-, ,

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.