ふせん、いろいろ

学生服の洗濯にハイベック洗剤が便利ですよ!

投稿日:2017年3月28日 更新日:


学校も春休みに入り、制服をクリーニングに出す方も多いと思います。
実は私、クリーニングが苦手。何が苦手って・・・クリーニングに出すのも取りに行くのも面倒!

出したはいいけど取りに行くのも億劫で、いつもこの季節になると気が重くなります。

そんな私の強い味方はハイベック洗剤!家で学生服が洗えちゃうすぐれものなんですよ。
だから面倒なクリーニングにも出さなくて済むようになりラクチン♪

スポンサーリンク

 

そもそもドライクリーニングって?

ところで制服をクリーニングに出すとひとくちに言いますが、ドライクリーニングって何なのでしょうか?

洗濯機にも「ドライコース」とありますが、それとどう違うの?と思ったことはないですか?

また、クリーニング屋さんに出したものは「水洗い」をするのではないとは聞いていますが、いったいどんなことをしているのでしょう?

ドライクリーニングとは、洗剤を溶かした水の代わりに工業ガソリンなどの有機溶剤を使って洗濯することをいう。水を使って行う洗濯に比べ、あぶら(油脂系)汚れをよく落とし、また衣類の伸縮が生じにくいという利点を持つ。一方、汗などの水溶性の汚れは落ちにくく、また物によっては色落ちしたり、素材自体を傷めたりすることがあるため、使用する際にはドライクリーニングが可能な素材なのかどうかをよく注意する必要がある。

「工業ガソリンなどの有機溶剤」というものが実際はどういうものかわからないだけに、この説明を読んでもいま一つわかりにくいような。

どちらにしても私は、家の洗濯機で洗える素材の服が好き。ウールだって洗濯機で洗えるのだから、学生服だって洗えないことはないのでは?

そう考えて調べてみたところ、ハイベック エースという洗剤は学生服も洗えるということが判明。

詳しくはこちら ハイベック エースドライドライ1,100グラム柔軟剤不要  冬物クリ ーニング代10万円分がこれ1本でOK

学生服が洗える洗剤ハイベックエース

これだけの情報なら疑り深い私は信じられなかったけど、ナント友達がもう母の代から愛用しているとのことで、それが決め手となり購入しました。

付属している洗い方のパンフレットも丁寧だったし、制服を折りたたんでぴったり入るサイズのネットもあり、ましてや友達の制服はずっとハイベックエースで洗われていたということもあり、何も心配する必要はないはずなのですが・・・

 

やっぱり一番最初に使うとき、制服を溶剤をとかした洗濯機に浸けるときはドキドキしました。大丈夫か~?と。

でもいざ洗ってみるとそんな不安は一蹴されました。ナニコレ、便利~!!

洗うのも簡単、すすぎも簡単。終わってみればあっけないほど。物足りなさすら残ります。

心配していた縮みやシワもなく、制服がさっぱりと洗いあがりました。
ハンガーはこちらを使っています。

3個もいらないと思うかもしれませんが、兄弟で中・高に行っていれば洗う制服も2着。洗った制服を乾かすには1日では足りないので、どうしてもハンガーが複数あったほうが便利になります。

しかもこのハンガーは、制服を水洗いすることで一番型崩れが心配である肩の部分をしっかり保ってくれます。これがなければ仕上がりに納得がいかないかもしれません。

ちなみに私が愛用しているのはセットで売っていたものです。洗剤もハンガーもひと通り入ったセットなので最初に購入すると便利ですよ。

私はただ「面倒」という点でハイベックエースを使っていますが、ちょくちょくクリーニングに出していた方にとってはハイベックエースで自宅洗いするだけでかなりの節約にもなりますね。

ハイベックエースを使う際の注意点

説明書通りに洗えばなにひとつ難しいことはないのですが、経験上ひとつだけアドバイスがあります。

それは 脱水をしすぎないこと 。

心配になってつい長めに脱水をかけてしまいたい気持ちはわかりますが、泡切れもよくすすぎで十分洗剤は落ちています。

また、ある程度の水分が残った状態で干すことによってシワも伸びます。普通の洗濯物を部屋干しした時のような嫌なニオイが残ることはないのでご安心を。

一度洗ってみるとわかりますが、水洗いした制服は何とも言えずさっぱりとして気持ちがいいものです。ぜひこの心地よさを経験してもらいたい!

もしシワだらけになってしまったら・・・クリーニングに出してアイロンをかけてもらえばいいだけ。気楽に試してみてほしいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-ふせん、いろいろ
-

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.