ふせん、いろいろ

クラークスのドライビングシューズ・ナターレリオを買ったのでレビューしてみます

投稿日:2017年5月19日 更新日:

ずっと欲しいと思っていた念願のドライビングシューズを買いました。
どこのメーカーにするかさんざん迷ったのですがクラークスにしました。履き心地もよく長く愛用していきたいものの一つに仲間入りです!

購入の際、サイズの選び方を調べたのですがなかなかレビューがなく困ったので、私が感じたクラークスのドライビングシューズの感想を記しておきます。

スポンサーリンク

 

ダイアナ妃も愛用していたドライビングシューズ

ダイアナ妃といえばファッションセンスも抜群で、さまざまなスタイルを楽しませてもらいました。

中でもトッズのアイテムはよく愛用していたそうで、トッズのアイコンシューズでもある「ゴンミーニ」を履いて地雷撲滅運動に参加した際の映像は有名ですよね。

そもそもドライビングシューズって何?

ドライビングシューズとは、靴底がゴム・もしくはレザーにゴムが埋めこまれたタイプの靴のこと。 ソールにゴムを付ける事により、運転中でも靴底がすべらず、アクセルやブレーキを踏む足がより安定するように考案されています。

「機能性が高く、しかもエレガントで仕事のシーンでも履ける靴はないか」と考えたのは、イタリアのブランド・トッズの3代目。モカシンシューズの底に133個のゴムの突起物を埋め込むことを思いついたのだそう。

そしてドライビングシューズの魅力の一つは、なんといっても履き心地のよさ!

アッパー部分とソール部分が同じ一枚の革でできているため、靴底がよくしなって足の動きに合わせて靴全体がフィットします。

しかも底にラバーが貼ってあるから、地面からの衝撃をラバーが吸収し歩きやすい上に滑り止め効果も♪

レディースドライビングシューズのブランド

今やドライビングシューズはさまざまなメーカーから販売されていますが、レディースドライビングシューズのブランドとして有名なのはやっぱりトッズ!

トッズはドライビングシューズだけでなく、バッグもセレブ達から大人気。

映画「ダイアナ」では、さまざまなトッズのアイテムを着用するダイアナ役のナオミ・ワッツの様子を見ることができます。

私が選んだドライビングシューズはクラークスのナターレリオ

ダイアナ妃がトッズのドライビングシューズを履いている姿を見て以来、ずっと欲しいなと思っていたのですが、さすがに主婦があの値段の靴を買うのは少々抵抗があり。

国産の靴もあれこれ検討したのですが、クラークスのドライビングシューズに決めました。

クラークスとは

【Clarks クラークスとは】
Clarks(クラークス)は、1825年にサイラスとジェームスのクラーク兄弟によってイングランドで設立されたブランド。180年を越える歴史を経て、カジュアルシューズの原点に位置付けられる世界的なブランドへと成長。

Clarksの代名詞とも言える、デザートブーツやワラビーはもちろん、常に履きやすさと快適さを追求したシューズをラインナップしています。

サイズはいつもの23.5cmをチョイス、でもちょっとゆるいかも

丁寧に箱に梱包されている様子はとても好感が持てます。私もこれから大事に履いていこうと思わせてくれますね。

紙ではありますが、型崩れ防止のためのシューキーパーも入っていました。

レビューにもあった通り、柔らかそうなインナーです。革も柔らかく、足を優しく包んでくれそう。

丁寧な仕事が見て取れます。手仕事なため、また天然素材ということからばらつきがあるとのことでしたが、幸いとても状態のよいものが届きました。

早速履いてみたところ、触った通りに柔らかい革が足のどこにも当たらず履いていて心地がいい!

私はとにかく何を履いても靴擦れしてしまうため、クラークスのドライビングシューズを買うのも躊躇していました。ましてや試し履きもせずにネット通販で購入なんて!

でも決め手となったのはやはり「柔らかい革」というところ。革が柔らかければかかとや小指に当たっても痛くならず、靴擦れもできないはず!

その予想は大正解でした。

選んだサイズはいつも履いている靴のサイズと同じ23.5cm。「UKO45」というサイズです。

ちなみに私の足は甲は低いけれど幅広、小指とかかとが常に靴擦れをおこしやすタイプのエジプト型。

実際にUKO45を素足で履いてみると、少々ゆるい気がします。私は足に汗をかくので、汗をかいた時には滑り止めにもなってぴったりと履けるでしょう。

また、足に汗をかく体質なので靴を素足で履くことはないので、スニーカーソックスを履くことを前提としたサイズ選びとなります。

そして少し厚手のスニーカーソックスを履いてからドライビングシューズを履いてみましたが、やはりちょっとゆるかったようです。

しかし、とにかくこれまでの経験から「ぴったりフィットする靴は必ず足のどこかが当たるようになる」ということがわかっているため、一つサイズを落としてUKO40(23.0cm)に交換することは考えませんでした。

少しゆるいくらいが私の足にはちょうどいい、それが私が長年靴擦れ生活を経験した中で得た貴重な教訓!

歩いているうちに足が汗ばんでくれば脱げることはないでしょうが(残念ながら履いて買い物に行った日は湿度も低く気持ちの良い気候で汗をかかなかった!)、もし脱げるようであれば中敷きを敷いたり、靴脱げ防止のグッズを購入したいと思います。

とにかく履いていて気持ちがよく、デニムを履いている日ですらこれを履くとおしゃれに見えてしまうクラークスのドライビングシューズ。

大事に履いていこうと思います(^-^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

関連記事

  • この記事を書いた人
L a t t e(ラテ)

L a t t e(ラテ)

子育てが一段落し、これからの人生をチャーミングに生きていくにはどうすればいいのかを模索しているブログです。 ⇒さらに詳しく

-ふせん、いろいろ
-, ,

Copyright© くらしのふせん , 2018 All Rights Reserved.